赤んぼ少女

akanboshojo公式サイト楳図かずお原作、山口雄大監督、水沢奈子野口五郎浅野温子斎藤工堀部圭亮生田悦子。残酷さ、えげつなさそのものよりも、人間の恐ろしさが際立つ本格派の純粋ジャパニーズ・ホラー。納涼には最適だ。
昭和35年が舞台、と言っても、原作は昭和42年だからその時点ではほぼ現代設定。古びた大きな洋館、骨董品、あやしげな研究してそうな元華族風の父親(野口五郎)、トラウマを抱え頭がおかしくなった母親(浅野温子)。その両親の家に戦時中に生き別れになって孤児院で育てられていたという、絵に描いたような美少女葉子(水沢奈子)が15年ぶりに帰る。不似合いな場に無垢な美しさが入ると、どんな化学反応が起きるのか。
同じ楳図の「へび女」もそうだったと思うけれど、楳図ホラーの原点は「家の中が何か変だ」、変哲もなさそうな日常の中に変なものがいる、が基本。それと、葉子がなぜかいつも後ろ下の方から襲われるのもスケベな楳図趣味と思われる。
タイトル通り、赤ん坊のままの少女タマミ。醜さと引き換えに超人的な戦闘力を持っていて、大人もやられてしまうスピードと怪力だ。それはまた特異さゆえに世間に見せられない何かを持った人間の怨念の塊のようでもある。
葉子とタマミは同じ15歳のはず。しかし、乳母(生田悦子)の話では両親は1人しか子供を産んでいないという。しかもタマミは10年前に死んでいるはず。かと言って、葉子が本当に実子なのかさえ実は分からない。
それに浴室で見られてしまったあの乳母の裸の姿はまるでへび女のように鱗の痕跡らしきものがある。実はタマミの本当の母親はこの乳母じゃないのかとさえ思えてくる。館を差配しているのは実はこの乳母のようにも見える。母親はただ狂っているだけで、それほど影響力はないように思える。父親は研究に引きこもって家の中で何が起きているのかさえ気づかない有様。母親も実はこの乳母に狂わされたのかとさえ想像したくなる。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ

コレラの時代の愛

CHOLERA公式サイト。ガルシア=マルケス原作、マイク・ニューウェル監督、ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット、カタリーナ・サンディノ・モレノヘクター・エリゾンド。食わせ者フロレンティーノ(ハビエル・バルデム)に騙されると酷い目に遭う。彼は同じバルデム演じる「ノーカントリー」のシガーと一見正反対のようで実は双子の兄弟の如きサイコパスのようだから。
フロレンティーノが「51年9ヶ月と4日」、結婚するチャンスを待ったというフェルミーナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)は彼を幻影のように実体のない人物と評していた。それは、近代合理性の権化のような結婚相手の医師ウルビーノ(ベンジャミン・ブラット)とは対極的だというだけではなさそうだ。今で言えばサイコなストーカーぽい。
母親に甘やかされ、自分では何もできないような妄想壁のありそうなフロレンティーノ。映画では大会社を経営する親戚を頼って、美しいフェルミーナにふさわしい社会的地位を得ようとし、得てしまうが、ここら辺、どうも嘘っぽい。永遠の文学青年のようなフロレンティーノを会社のトップに迎えるとは思えないし、迎えるなら最初からそうしていたろう。現実にそれをにおわすようなシーンもある。少なくとも100年前は、文学青年と実業家は水と油、互いに不倶戴天の敵なのだ。
しかも、そんな社会的地位得たのならウルビーノの死を待たずとも、あらゆる算段で奪おうとするはずだし、そうしかねない性格の持ち主のように思われる。彼は不倫相手を夫に殺されるように仕向けるし、ウルビーノが死んだ時に寝ていたアメリカという少女も原作では自殺に追いやっている。ウルビーノだって実は・・・・。
会社のトップになってフェルミーナのためにわざわざ「新貞節号」なる豪華なクルーザーを造るというのも子供じみていて純愛にふさわしいとは思えない悪趣味だ。
そもそもフェルミーナのために貞節を守り続けると誓ったはずなのに一種のハプニングで破ってしまったことも嘘っぽい。まるで男が強姦にあったかのようないかにも言い訳ぽい第一号からしていかがわしいのだ。
タイトルの「コレラの時代の愛」は、恋煩いそのものが文字通り病気でコレラのような重篤の病だということ。ならば、フロレンティーノはコレラ菌そのものではないのか。恋敵ウルビーノコレラ撲滅に尽力した人物であることは偶然ではない。
全て嘘、妄想なのじゃないかという疑念がどうしても湧いて来る。彼は「51年9ヶ月と4日」と正確に待ち時間を言っているように、日記だけはまめに付けていたらしい。その日記の中の妄想が多分に入り混じっているようだ。
しかも、終盤で訳の分からなくなる台詞にぶつかる。フェルミーナの娘が「フロレンティーノは一度も女性と交わったことがなく、男色の噂がある」と腐し、母親を激怒させるシーン。自称600人斬りが本当なら、逆の噂が立ってしかるべきなのに。火の無い所に煙は立たぬだ。
どっちが本当なのか。フェルミーナが若い時に看破した幻影のようなフロレンティーノが実体で、老人力が出始めたフェルミーナに娘が見かねて注意するというのが「現実的」な見方なのかもしれない。しかし、そうなるとフロレンティーノは実は究極の純愛男になってしまうから映画を観る者は宙吊りにさせられてしまう。それこそ最後になって煙に巻かれるのだ。いずれにしても、キャッチコピーのような単純な純愛物語とは程遠い物語なのだということは心すべきだ。マルケス自身、インタビューで「罠にはまるな」と言っているのだから。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ