地球温暖化詐欺と受動喫煙の関係

The Great Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)

見ていてここに登場する科学者のうち少なくとも2人は受動喫煙否定論者という変な関連があることを発見。
Richard Lindzen
Views on health risks of smoking
Lindzen has claimed that the risks of smoking, including passive smoking, are overstated. In 2001,[25] Newsweek journalist Fred Guterl reported, after an interview with Lindzen
He'll even expound on how weakly lung cancer is linked to cigarette smoking. He speaks in full, impeccably logical paragraphs, and he punctuates his measured cadences with thoughtful drags on a cigarette
A 1991 article in Consumers' Research entitled "Passive Smoking: How Great a Hazard?" is also sometimes used to characterize Richard Lindzen as a tobacco spokesperson or expert.

Frederick Singer
Publication on health effects of tobacco
In 1994 Singer was Chief Reviewer of the published report Science, economics, and environmental policy: a critical examination published by the Alexis de Tocqueville Institution (AdTI), a conservative think tank of which he was a Senior Fellow. The report attacked the United States Environmental Protection Agency for their 1993 study about the cancer risks of passive smoking and called it "junk science". Singer also appeared on a tobacco industry list of people who could write op-ed pieces defending the industry’s views.

このタバコの受動喫煙と温暖化の関係はかなり有名らしくSGWさんが貼って下さった地球温暖化問題懐疑論へのコメントでも言及されており、Singerのほか、Frederick Seitzも紹介されている。
この方は今年3月96歳で死去した。しかし、ほかの皆さんも年取られている。以前書いたフリーマン・ダイソン氏もかなりの高齢。温暖化懐疑派と高齢化問題とも関連あるかもしれない。もう頭は既に半世紀前とかで固定化されているとか。
それから、あのナレーターの口調、どっかで聞いたような調子だと思ったら、アメリカの大統領選挙キャンペーンのCMのナレーションとよく似ているような。こういう口調って結構引き込まれるものがある。
ところで、このシリーズ見たら、オーストラリアのテレビ局ABCのディベートシリーズも見たほうがいいかも。タバコとの関連も議論されている。「公共放送がこのように言論の多様性を守っているのは立派だ」(池田信夫氏)と言う意味が分かる。確かにNHKのような大政翼賛会的報道ではない。これがまたオリジナル以上に面白いので是非お勧め。ただし、日本語字幕なし。
Global Warming Swindle Debate Pt0

続きは、Pt1Pt2Pt3Pt4Pt5Pt6Pt7Pt8
ネットディベート
ABC.Net The Great Global Warming Swindleで。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 経済ブログへ