浜岡原発停止要請は非科学的

菅首相会見詳報「東海地震に十分対応できるよう防潮堤など中長期対策が大切」(産経)

「国民の皆様に重要なお知らせがあります。本日、私は内閣総理大臣として海江田(万里)経済産業大臣を通じて、浜岡原子力発電所の全ての原子炉の運転停止を中部電力に対して要請しました。その理由は何と言っても国民の皆様の安全と安心を考えてのことです。同時にこの浜岡原発で重大な事故が発生した場合の日本社会全体に(与える)甚大な影響も合わせて考慮した結果です。文部科学省地震調査研究推進本部によれば、これから30年以内にマグニチュード8程度の想定の東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫しています。こうした浜岡原子力発電所の置かれた特別な状況を考慮するならば、想定される東海地震に十分対応できるよう防潮堤の設置など中長期の対策を確実に実施することが大切です。国民の安全と安心を守るためにはこうした中長期対策が完成するまでの間、現在、定期検査中で停止中の3号機のみならず運転中のものも含めて全ての原子炉の運転を停止すべきと私は判断しました。浜岡原発では従来から活断層の上に立地する危険性などが指摘されてきましたが、先の震災とそれに伴う原子力事故に直面して私自身、浜岡原発の安全性についてさまざまな意見を聞いて参りました。その中で、海江田経済産業大臣とともに熟慮を重ねた上で、内閣総理大臣として本日の決定をいたした次第です」

浜岡原発の場合、想定すべきは直下型大地震だろう。津波対策ができればOKということではない筈。ところが、
“対策が適切 停止を求めず”(NHK)

浜岡原発については、緊急対策は適切だと評価されたものの、大規模な津波に襲われる可能性が高いとして、中長期な津波対策が完了するまで、すべての原子炉の運転を停止するよう求めていて、運転停止の期間は少なくとも2年以上になるとみられます。

のように数年後には再稼働する見込みなのだ。
今は福島第一原発の事故で津波バイアスのようなものがかかっていて、逆に「津波対策さえできていれば」OKという空気が醸成されている。皮肉なことに想定外だった福島第一原発が基準になってしまい、それ以外は想定外扱いされかねない。
しかし、福島第一原発は一例に過ぎない。そもそも原発事故というのは世界的にも事例が少なく、「あの時はこうだったからまずい、この時はああだったからかまわない」なんて断ずること自体が非科学的だ。
福島原発震源地からもかなり離れている。そもそも津波が原因か振動が原因か、両者の複合的原因なのかという原因仕分けはまだこれからだ。
浜岡原発の各号機の原子炉建屋2階屋上にもディーゼル発電機を設置したからと言っていいいもんじゃない。建屋が倒壊しなくてもその上のディーゼル発電機が落っこちればアウトだ。防潮堤さえ作れば大丈夫だとか、津波ばかり気にして今度は想定外の揺れでやっぱり駄目でしたじゃ話にならない。
浜岡原発がやられたら日本の経済に対する打撃は福島第一原発の比ではないだろう。菅首相も言っていたように、東海道新幹線東名高速道路も当分使えなくなる。一番いい方策は全部無期限停止、もしくは廃炉だ。大体、最初から原発立地に向いていないのだから潔く捨てるしかない。
Clickで救えるblogがある⇒にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境学へ